2020.3.4 レッスン内容

英会話レッスン内容

重要フレーズテスト

声鳴らしとして、重要フレーズテストをしました。

メンターからフレーズを日本語で言ってもらい、私がそれに答えます。

フレーズは主に以下から出してもらいます。

  • 毎日私がメンターに提出する3行日記
  • メンターから毎日送られて来る3フレーズ
  • 絶対覚える100フレーズ集から10問

また、上記にプラスして、以前出来なかった重要フレーズをふいに聞かれることもあります。答えられなかった時はかなり悔しいです。

句動詞 Give in to 「負ける」

“Give in to”は、「最初は拒んでいたことに最終的に同意する」というニュアンスがあります。

以下のフレーズを英語で即座に答えられませんでした。

私は誘惑に屈しないし、私の同僚たちも同様だ。

I won’t give in to temptation, and neither will my collegues.

この句動詞、実は英単語本のターゲット1200に載っていました。

私は実際にターゲット1200を使って、英単語を勉強していますができなかったんですね。悔しいです。

記憶力は暗記アプリで養う

あまりにも、私の暗記力が悪いためメンターに暗記アプリの使用を勧められました。

実際、テストされるフレーズの音読、暗記は毎日やっておらず、レッスン当日に慌てて覚えるため、記憶の定着が悪いだと思います。

今日から、とりあえずパワポまたは暗記アプリを使って暗記力を養っていきたいです。

100%習得してみせるフレーズ

On + Whichの組み合わせ

例文: 最初に何をやるべきか決められない。

I can’t decide on which first to do.

Cousins / Relatives

文によっては複数形にします。

「コーヒーを飲む」は“Having coffee”

日本語の「コーヒーを飲む」を直訳して“ drinking a cup of coffee” と表現してしまいがちです。drinkは「ごくごく飲む」というイメージを持つ英単語ですので、直接的で子どもっぽい印象を与えてしまいます。

「〜を飲む、食べる」を英語で言う際は”have”を使うように改めて意識します。

TOEFL対策から見えた課題

Independentタスクの質問を日本語で理解する

まず、スピーキング50問の質問を日本語で理解する必要があると判断しました。

TOEFLのIndependent セクションで、45秒の回答に行き詰まるのは、質問を日本語で理解出来ていないことが原因の可能性があります。

次回のレッスンまでに、TOEFLのスピーキング問題を選び、日本語に訳します。

質問に回答する順番を自分の中で確立する。

TOEFLスピーキングテスト回答時に自分なりの回答テンプレートが無く、言葉が出てこない時がありました。

そのため、以下のような簡単なテンプレートを作りました。

I definitely think that…

For one thing …

I remember when …

On top of that…

For example…

So that’s why…

スピーキングセクションの点数配分を理解する。

気をつけるべき4項目

①General Description: 文章の要約スキル

質問に対して適切な回答ができているか

https://solo-ielts-toefl.com/ibt-speaking-scoring-guide/

②Delivery : 話し方

流暢にかつ明確に英語を話せているか

https://solo-ielts-toefl.com/ibt-speaking-scoring-guide/

③Language Use : 適切な言語表現

どれだけ多様な語彙や英語表現を使用できているか

https://solo-ielts-toefl.com/ibt-speaking-scoring-guide/

④Topic Development(主張の展開)

「主張」に続く「理由」や「例」が首尾一貫しているか

https://solo-ielts-toefl.com/ibt-speaking-scoring-guide/

感想

今回のレッスンは、TOEFLのスピーキングで足りていない課題が分かったことは大きな前進です。

この1週間で、TOEFLスピーキングの弱点を強化するために、メンターからのアドバイスに基づいて勉強していきます。