【レアジョブ】オンライン英会話無料体験レッスンの流れ(教材)と内容【英語中級者による体験レポ】

英会話オンライン体験レポ

この記事では、中級レベルの英語力を持つ筆者が初めて大手のオンライン英会話を利用した際の体験談(口コミ)をご紹介します。

中級レベルとは…

  • TOEIC890点
  • TOEFLの模擬テスト60点前後
  • TOEFLの模擬テスト60点前後
  • 米ネイティブのパートナーがおり、アメリカネイティブとの日常英会話ができるレベル

なぜレアジョブを選んだのか

オンライン英会話を始めたい人
どのオンライン英会話がよいか分からない、ググっても選択肢がありすぎて決められない…

理由は以下の2点です。

  • Twitterでフォローしてる方がレアジョブユーザーが多かったから
  • 価格.comでオンライン英会話人気ランキングの上位2位だったから
  • 安いから

かなり単純な理由ですが、まずは「オンライン英会話のトライアルをする」ことが目標だったため、一番最初に見かけた広告のオンライン英会話から始めることにしました。

レアジョブの立ち位置

  • 本当に格安(129円〜/1レッスン)
  • 教材と講師が、日本人に英語を教えるための国際基準に従って用意されている
  • 日本人の個人カウンセラーに学習相談ができる
  • スカイプを持っていなくても、レアジョブ独自のレッスンルームで受講ができる
  • スマホのアプリでレッスン〜復習まで全てできる
  • 受講5分前まで、その場でレッスンの予約が可能
オンライン英会話を始めたい人
口コミも良いし、安いし…! オンライン英会話がどんな感じかチェックするためにとりあえず受講してみようかな…

体験してみた結果、レアジョブは日本人の英語学習初心者にぴったりだと思いました。

レアジョブは、そのレッスン受講のしやすさから20〜30代の学生から忙しいビジネスマンにも人気だそうです。

利用者は男性が6割だそうです。(なぜだろう?)

魅力はコーヒー1杯の値段で「英語のアウトプットし放題」

オンラインでの英会話のレッスンは3年前から受けています。日本人のメンターに教えてもらっていますが、週1の1時間です。週に1度と言ってもレッスン内容が濃いため、復習、予習、自習をすると1週間あっという間です。

その個人レッスンプラス、スピーキングやライティングに必要なアウトプットを2日に1度くらいのペースでしたくなりました。

そのような経緯で、大手の格安オンライン英会話のトライアルレッスンを受け、どのオンライン英会話に入会するか考えております。

今流行りのオンライン英会話の無料体験レッスンの初回無料体験です。まずは、レアジョブの無料体験レッスンのトライアルを受けてみることにしました。

担当講師はフィリピン人の新人講師

オンライン英会話を始めたい人
初回レッスンはネイティブから受けられないのかあ

フィリピン人の女性の方が担当講師でした。

基本的に、無料トライアルレッスンには講師歴が浅い方がつくようです。その方はその場で予約可能であった56名のどの講師陣よりも若い講師歴7ヶ月目の先生でした。

しかし、新人講師であることを感じさせない落ち着きと、しっかりとレッスンの流れを作り、かつ生徒である私にたくさん英語を話させようとしていることがひしひしと伝わってきました。とても良い講師にあたり、良かったです。

まずは自己紹介(Introduction)

早速、レアジョブの無料トライアルレッスンの体験レポをしていきたいと思います。

結論から言いますと、オンライン英会話で気づいたメリットは以下となります。

  • オンライン英会話初心者は英語のアウトプット→自分の弱点の修正→改善に徹することを優先
  • そのため、予算に応じてフィリピン訛りのある英語を話すフォリピン講師のみが在籍しているオンライン英会話スクールでも充分
  • オンライン英会話のレッスン中は自分の様子を録画する→見返す→改善点が分かる
  • やはり、格安、便利、悪い影響(例えば、天候やコロナ等の不測の事態が起きても)レッスンは続けられる
  • 予定が無い週末でも、レッスンのコマ予約が必須のオンライン英会話のレッスンがあると、一日のスケジュールを考慮するため無駄にダラダラすることが少なくなる
  • 特に日本人は、自分の考えを日本語でまとめられていないことが分かる。「英語で話す」ことと同時に「自分の考えをまとめて、人に伝える」ことを意識することができる
オンライン英会話を始めたい人
今までの英会話レッスンでは受けたことがないような内容。自分の意見をあらためて英語で他人に伝えるのは意外と難しい

上記の気付きがあった、初めての格安オンライン英会話のレッスン。下記からは実際にそのレッスンで行った内容についてです。

私は受講開始3分前にレッスンルームに入り、定刻に講師もレッスンルームに入り、会話が始まりました。

What’s your name?と聞かれました

私の名前にはRが入っているのですが、完璧にLの音になっていました。人を目の前にして英語を話すと、練習通りには行きませんね。

オンライン英会話を始めたい人
典型的な発音のミスをしたけど、どうやって直せばいいんだろう?

次に音設定とカメラ設定の会話をしました。講師から以下のように聞かれました。

  • Do you hear me?
  • Do you see me?

最初は講師の自己紹介から、3行でシンプルな自己紹介をされました。

講師
「はい、次はあなたの自己紹介をしてね」

オンライン英会話を始めたい人
自己紹介、何を言えばいいんだろう?!

自己紹介は以下のようにしました。

  • 私は◯歳の日本人女性です
  • 私は◯◯専門で国際輸出入をしている専門商社の営業です。(æの音ができていない)
  • ヨーロッパへの海外出張にいけるところがいいです
  • そして、私は旅行が好きで、友人と遊ぶのも好きです(旅行をすることと、友人と遊ぶことの繋がりが無い。日本語で言うとすごい違和感がある)

次に講師が私の仕事の詳細を聞いてくれました。

講師が自己紹介の一部をもう少し具体的に聞きたいときは必ず

If I may ask that..

というフレーズを使ってくれました

そして、「あなたが間違っているところがあったら訂正してもよいか?」とわざわざ聞いてくれたのですが、そこで”Yes, please”としか答えられませんでした。

こんな回答の仕方は小学生でもできますね…

また、「いつから英語を勉強しているの?」と聞かれました。

「小学校の高学年6年生のときに初めて英語の授業を受けました。ELTのネイティブの先生が来て英語を教えてくれました」と回答しました。

レベル判定テスト

レベル判定テストは、レアジョブ英会話で使用する教材決めのために生徒のスピーキングスキルをチェックするテストですね。いくつかの質問をされて、その質問に答えます。

オンライン英会話を始めたい人
自分の今の英語レベルをしっかりチェックしてくれるシステム、いいかも。講師に自分のレベルをちゃんと把握してレッスンを進めてもらいたいな。

一般的に、オンライン英会話スクールが導入するレベルチェックテストは、TOEIC S&Wのスピーキングセクションや、TOEFLのIndependent問題で問われるものと似ています。

まずは、自分の趣味、好きなもの、普段していることを言語化し、英語で表現できるスキルをチェックされます。

レベルテスト中は、講師からいくつか質問がされます。質問の内容がわからない場合はパスができます。

レベルテストのためその質問内容が分からくても、講師にその質問の意味の解説はしてもらえません。

ただし、講師の声が聞こえにくかったり、英単語が聞き取れなかったことが何度かありました。そのため”Could you repeat again?” “ Pardon me but does your question mean ~ (自分の言葉で言い換えて)?”等と聞き返したら、講師は質問を再度読み上げてくれました。

質問1:好きな食べ物について

What is your favorite food and why? 

質問2:日本で訪れるのにおすすめの場所とその理由(動画有)

Please recommend a good sightseeing place in Japan and why.

京都の発音が不自然です。本来はKIOTOと発音します

質問3:あなたの仕事とその詳細

Tell me about your job and detail.

質問4:カスタマーサポートに電話をする

You’re computer is broken. Complain to a customer

質問5:SNSのメリット、デメリット

Please tell me advantages and disadvantages of social media.

質問6:地球外にエイリアンがいる?それとも人間だけが生息する?

この質問は、2度講師の言っていることが分かりませんでした。なぜなら、Rの発音が弱く、”are we alone”のところが聞き取れなかったからです。

ネイティブではないと、ネイティブ特有の響く太い声かつ綺麗な発音な英語を聞くことができない、というデメリットもあるのですね。

結果はレベル8

レベル判定テストの結果、私はレベル8のようです。

なぜ、私がレベル8に位置付けられたのかというと、おそらくTOEIC S&WやTOEFLのスピーキング練習をしていたからだと思います。

どのような種類の質問でも、適当な回答をその場で英語で言える力は英語力の基礎だと思います。

なぜなら、TOEFLではそのようなスキルが必要で、それはアメリカの高校卒業時には身についているはずのスキルに匹敵します。

アメリカの大学で単位を取る際に求められるTOEFLの点数は最低でも100点程です。(私の平均スコアは60点前後)

そのため、ネイティブのように英語を使いたい私にとってはこのレベル8がスタート地点だと思っています。

オンライン英会話は英会話力がアップする便利なツール!

今まではTOEFLのリーディングやライティングなど、インプットのための勉強を山ほどしてきました。

しかし、インプットは充分したので次のステップはアウトプットをすることです。また、アウトプットをした後、自分の変な癖や改善点を見つけることでより自然な英会話ができるようになります。

講師の質を問わず、自分がどれだけ講師を利用してアウトプットをし、英語のフレーズが自然に口から出てくるかを意識することが大事だな、と思いました。

【DMM英会話】無料体験レッスン3回分 内容と教材を紹介【英語中級者による体験レポ】

【ネイティヴキャンプ】オンライン英会話トライアルレッスン2日目【英語中級者による体験レポ】004

【Cambly】オンライン英会話無料体験の内容を公開【英語中級者による体験レポ】

【ネイティヴキャンプ】オンライン英会話トライアルレッスン【英語中級者による無料体験レポ】005

【ネイティヴキャンプ】オンライン英会話トライアルレッスン1日目【英語中級者による体験レポ】