【ネイティヴキャンプ】オンライン英会話トライアルレッスン【英語中級者による無料体験レポ】

英会話オンライン体験レポ

本日は9回目のネイティヴキャンプでの無料体験レッスンです。7日間の無料体験でどのようなことを学んだのか、個人レベルですが感想を書いていきます。

今日でちょうど7日間の無料体験期間が終わりました。2020年4月は、コロナウィルスの影響もあり、格安オンライン英会話に新規で加入する人が多いようですね。それは生徒だけではなく、先生も然りのようです。2020年4月6日の夜に起こったネイティヴキャンプの通信障害が終わった後は、東欧の新しい先生のプロフィール写真が増えたような気がしました。

ネイティブキャンプの無料体験1日目の内容はこちらからどうぞ

7日間の無料体験で見つけたネイティヴキャンプ受講のメリット

ネイティヴキャンプの7日間の無料体験を通して発見した、ネイティヴキャンプをおすすめしたい理由は以下になります。

  • 英語教授法の資格を持っているネイティブ講師と出会えた
  • 発音矯正をしてもらい、苦手だったR、L、TH、Zの発音が直せた
  • コロナの影響で仕事が時短になっても、レッスンがあることでだらだらせず、スケジュールをたてて英語学習ができた
  • コロナの影響で週末に出掛けなくても、レッスンがあることで有意義な週末を過ごせた
  • 予約無料である新人講師のレッスンは受け放題なので、時間がある時に気軽に文法やスピーキング練習相手ができた
  • Twitterのキャンパーがツイートしている内容がわかってきた(嬉しい)

上記のように、7日間の無料体験期間でたくさんメリットを発見しました。また、数ある格安オンライン英会話レッスンの中からどれに決めようか悩んでいましたが、7日間もトライアル期間があるとお気に入りの講師が出来て抜け出せない今後の学習展望が見えてきたことはとてもいいことでした。

レッスンの初めにまず謝罪をしました

前回のレッスン、私が時間を間違えてレッスンに参加出来なかったんです。すごくショックでした。

しかも、講師の時間も無駄にしてしまったかと思ってこの3日間はとても反省していました。

そのため、レッスン前に「レッスンを休んでごめんなさい」を英語で表現する方法をいくつかピックアップし、言いやすいものを何度か口ずさんで練習していました。

レッスン開始時に「まず、伝えたいことがあります。この前のレッスン、時間を勘違いしていて間違えてレッスン出れませんでした、ごめんなさい」と素直に誤りました。

講師は、謝られたことに少しびっくりしているようで、「キャンセルはよくあることだから大丈夫だよ、そのように言ってくれてありがとう。キャンセルがあると少し休めるから大丈夫」とのことでした。

お金をこちらが払っているとは言え、講師無きのレッスンは成立しません。私は他人の時間を無駄にすることは良くないことだと思います。時間を間違えたり、何か急用があってレッスンを急遽欠席してしまったときはきちんと謝るとお互い気持ちよく次のレッスンがスタートできますね。

教材は前回の続きをするため「スピーキング 1」をチョイス

現在、私はTOEIC S&Wのスピーキング練習をしようとしているのですが、ネイティヴキャンプの教材「スピーキング」はその練習に見合った教材だと思います。

例えば、温度計の形や目覚まし時計について自分の意見を言及する訓練なのですが、意外に難しいです。

しかも、お気に入り講師は雑談中や、教材に沿って何かを発言している間も私の文法ミスや発音ミスを直してくれるのでかなり助かっています。

今日は、そのスピーキング1の前回の続きをやろうと思っていたのですが、なんと雑談をしていたら25分間終わってしまいました。

雑談中でもしっかりと間違いをチェック、教えてくれた

注意された英単語の発音は以下です。

  • Sudden [ˈsʌdn]
  • ✗While they are pull my wisdom teeth  ✓While they are pulling out my wisdom teeth >>>
  • Uncover [ʌnˈkʌvər]
  • Surgery [ˈsɜːrdʒəri]  シュワとRのコンビネーション ✗Sur jewelry Sir + ʤə + ri と発音するように意識する
  • Blush[blʌʃ]
  • Brush [brʌʃ]
  • Through [θru]
  • Worry [ˈwɜːri]
  • ✗I’m so worry about my face ✓I’m so worried about my face

どうやら、句動詞が自然と出来ていないようです。

英語で会話をする際は、句動詞、例えば “Pull out” “Pull off”のような意味を表現するときに前置詞の部分をイメージしながら、その表現する動作に見合った前置詞を動詞と組み合わせて使うようにしたいと思いました。

ネイティブキャンプの無料体験2日目の内容はこちらからどうぞ
ネイティブキャンプの無料体験3日目の内容はこちらからどうぞ
ネイティブキャンプの無料体験4日目の内容はこちらからどうぞ